障害者施設でもアロマ研修

久しぶりの障害者施設への訪問。施設様と当社の予定が合わず訪問できておりませんでした。本来であれば1週間に数回あるいは1回でもお邪魔できるともっと良いアロマケアができるかと思うのですが今のところ人材不足なこともあり(介護アロマセラピスト不足)スケジュール調整が難しいです。

このたびは他校卒業生(卒業されたアロマスクールでは実務研修や現場の研修がないため当スクールに編入)たちが参加してくださいました。

ただ、他校(医療介護と関係がないスクール)とではあきらかに手技や考え方が違うため、なんどか注意を受けながら施術です。また教室内で研修を重ねます。

上手に流れるような手技をしても、高齢者には危険が伴ったり、安全性が確保できない姿勢はご自身にも危険が及びます。安全で少しでもアロマケアが役立ちますように、現場を繰り返しながら学んでいっていただけると嬉しいなと思います。